最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治へ
   最先端医療技術と大腸がん名医の手術を駆使して完治を目指す

 最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治<大阪編>


大阪で最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治を目指そうと、小泉莉奈は信頼のできる病院探しのとりかかっていた。
当初は、簡単にことは進むだろうと高をくくっていた。
毎日目にする健康食品や保険、自然療法などの広告の洪水を目にしていたからだ。
医療機関の情報だって、当然いくらでもみつかるというのが小泉莉奈の予測だった。

しかし、予想に反して最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治を大阪で目指すにも、入ってくる情報は少なかった。
一般企業と違い、病院などの医療機関は広告やCMを打って患者にアピールするということをしていないからだ。
小泉莉奈は戸惑った。
なぜ、毎日の生活の足しにしかならないような娯楽の情報はあふれているのに、命に関わる重要事項については無知でいなければならないのだろう。

一方では、生命に関わることだからこそ、デリケートに取り扱われているのだった。
最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治というのは、患者にとってすぐにでも飛びつきたくなる情報に違いない。
問題なのは、検証が難しいこと。
好き勝手な情報を大阪に限らずそれぞれの病院で勝手にばら撒いていたのでは、信憑性も何もない嘘ばかりがまかり通ってしまう。
小泉莉奈も、そのことは熟知しているつもりだった。

それでも、理性や冷静な判断ができなくなることは、人間である以上避けられない。
時に感情的になってしまうのだ。
大阪という町の中で、ひとりぼっちになってしまったような錯覚に陥り、被害妄想にさいなまれる日もあった。
なぜ最先端医療技術と大腸がん名医の手術ですぐに完治させることができないのか?
やり場のない憤りが小泉莉奈の心に募っていく。

健康食品やサプリメントを生活に取り入れてみたこともあったが、どれも長続きはしなかった。
もともと、病気に対して強い意識があったわけでもないので、それも仕方がないことなのだろう。
しかし、今となっては後悔していた。
大阪で最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治を目指すより、予防医学の重要性を認識していることのほうが、幸せな暮らしを送れたのではないだろうか。
そんな後悔の念が小泉莉奈の中に渦巻き、深層心理に根を張った。

テレビからは陽気な保険のCMが流れてくる。
かつて、もっと真剣に検討していれば、お金のことを気にせずに治療に専念できていた。
これもまた、小泉莉奈が失敗と評価していたことだ。
大阪で最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治へ向けて取り組むためにも、お金は必要だ。
国の健康保険ももちろんあるが、すべてが給付対象となるわけではない。
高度医療については、対象から外れてしまうこともある。

これまで、人間は1人だと考えていた自己責任論者の小泉莉奈に、他人頼みの弱々しい押し付けが芽生えていた。
なぜ国や政治が助けてくれないのだろう?
こんなにも困っているのに。
将来に責任を持つのは大人として当然のたしなみと豪語していたかつての小泉莉奈の姿は、そこには見当たらなかった。

最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治ができたところで、その後の生活の保障があるわけでもない。
むしろ、治療がうまくいけば生活が続いていくのだ。
希望しているはずの結果が、金銭的な理由で暗雲の中に存在していることに、小泉莉奈はやきもきしていた。
いったい、どこで何を間違ったのだろうか?

もう保険も健康食品もいい。
それより医師ランキングや病院ランキングのようなものはないだろうか?
大阪のものか全国版か定かではないものの、かつて週刊誌に掲載されているのを、電車の中吊り広告でちらっと目にしたのを小泉莉奈の記憶は残していたのだが、いざ書店やコンビニに行ってみると、そういったものは見つからなかった。

年中特集を組んでいるわけではないだろうから当然のことだが、早期発見・治療が大原則なだけに、小泉莉奈は焦った。
今なら大阪の最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治させることが可能でも、1ヶ月後には症状が進行し、不可能になってしまうかもしれない。
抗がん剤の副作用も怖いし、中途半端な状況は一刻も早く脱したかった。

大阪には多くの人が暮らしている。
その中で自分と同じ病気に苦しんでいる人がどのくらいいるのだろう?
闘病記を探しながら、小泉莉奈はそんなことを考えていた。
最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治できれば、それはこれまでの人生において、最大の喜びとなるはずだ。
大阪はそのために最適な土地だろうか?
ひょっとしたら、治療のために引っ越した方がいいのかもしれない。

雑誌を読んでいて、保険や健康食品の広告がいやに目に付いてしまう。
最近多くないかと思う小泉莉奈だったが、実際には彼女の潜在意識が保険や健康食品といった、病気に関連するものを探していたのだ。
そして、それはやがて、心の平安を求めるものに変わりつつあった。
―心を乱さずに大阪で生きていたい。

もちろん、小泉莉奈は最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治させることを諦めたわけではない。
そんな彼女が、ネットで耳寄りな情報を見つけた。
小泉莉奈はその情報を隈なく見つめた。
彼女の人生を大きく左右する、重大な情報の映し出されたパソコンの画面を。


次のページ
copyright © 2005 最先端医療技術と大腸がん名医の手術で完治へ all rights reserved.